どこのお店でも獺祭が売り切れ・品切れの理由

旭酒造

獺祭はとても品薄です。
特にネットの通販で購入しようとしても、ほとんど売り切れました状態。

なんでこんなに在庫がないのでしょう。

調べてみました。


獺祭の生産能力は、年間3,000キロリットルだそうです。
3,000キロリットルということは、仮にすべてが一升瓶(1.8リットル)だとすると市場に出回る本数は以下の計算になります。

1,666,667瓶/年
138,889瓶/月

月間約14万瓶になります。

獺祭の取り扱い店(販売店・飲食店)はどれくらいあるのでしょう。
旭酒造のホームページを参考に、取り扱い店舗を数えてみました。
買える店 飲める店
 日本 345 830 1,175
   北海道 12 22 34
   東北 7 21 28
   関東地方 188 360 548
   中部地方 24 78 102
   関西地方 29 69 98
   中国地方 53 221 274
   四国地方 5 8 13
   九州地方 26 49 75
   沖縄 1 2 3
 海外 32 236 268
合計 377 1,066 1,443
獺祭の飲める店・買える店

漏れなく瓶詰されたとして、月間約14万瓶が全世界の1,400店舗で取り扱われるとして1店舗あたり平均して100瓶。
大手デパート、百貨店と小売りの酒屋さんでは出荷量が違うでしょうから、あくまでも机上の計算です。

ひと月に1店舗あたり一升瓶100本。1日3本超のペースで売れれば在庫切れです。

どこを探しても売り切れ・在庫切れはこういった事情なのかもしれません。
2015年から3倍の月間9,000キロリットルを生産できるように、旭酒造が拡張されるそうです。

朗報なんですが、原料となる山田錦の生産が追い付かないそうで、市場に出る獺祭の本数が一気に増えるということはないのかもしれませんね。


とりあえず獺祭を飲んでみる

日本酒獺祭
日本酒獺祭(だっさい)が人気なのは、他を寄せ付けないコストパフォーマンス。
酒米“山田錦”を39%まで磨き上げた純米大吟醸酒にもかかわらず、5,000円札でお釣りがくる値段が魅力ですね。

5千円でお釣り・・・3千円でお釣りが来ます。

普通に買ったら1万円はくだらない一級品なのに。

例えば、同じ精米歩合39%の大吟醸酒の価格を他の日本酒と比較してみると、他のお酒は一升瓶で安くても5000円、高ければ1万円程度。

獺祭は5千円札でお釣りがくるほどのコストパフォーマンスは自社精米工場をもっていることだったり、酒米を山田錦のみに絞っていることなどがあるそうです。

たいへんな企業努力があってこその、ありがたい価格です。

この精米歩合39%(三割九分)は贈り物として非常に需要が伸びてきているそうです。

蔵元の情報によると獺祭(だっさい)の中で最も香りがきれいなお酒とのこと。
喉越し軽快なスッキリとした味わいです。


獺祭を飲んだ方のクチコミ評価
とってもフルーティーで美味しく女性の方にも断然お勧めです。このお酒にめぐり合えて幸せです。ビールより焼酎よりワインよりダントツです。

メロンを思わせるフルーティーな匂いとまろやかな甘みがありますが後半にかけてキレと辛みで引き締まります。
さらに上位酒があるようですが、これで充分満足でした。
女性にも受け入れやすい味かと思います。
普段は久保田(千寿)、磯自慢を飲んでおるのですが、正直コストパフォーマンスから考えても獺祭50に乗り換えようかと思っております。買ってよかったです。お勧めは冷やで!


日本酒 獺祭(だっさい)の詳細・ご購入はこちらをクリック
» 山口県 旭酒造 獺祭【だっさい】 純米大吟醸 磨き50 1800ml 火入れ